BLOG

カラコン×クリアレンズ
クリアレンズ
1day 3箱セット
エトエ1day 2枚入[単品]
エトエ1day 10枚入[単品]
エトエ2Week 6枚入[単品]
コスメ・雑貨
スキンケア
ベースカーブ
着色直径
ケア用品
セール品
レンズ直径
商品検索
もっと詳しく
その他

高温多湿の夏!知っておきたい正しいカラコンケア

高温多湿の夏!知っておきたい正しいカラコンケア
◎夏場のカラコントラブル
みなさんは、普段どのようなカラコンケアをされていますか?
例えば、カラコンを車のダッシュボードの上に置いていたり、面倒だからといってカラコンレンズの洗浄を後回しにしている大人女子は、今日からカラコンケアの意識を少し変える必要があるかもしれません…!

真夏は30度を越える猛暑日が多くなります。紫外線や熱中症対策をしている人が多いと思いますが、夏に必要なケアは紫外線対策だけではありません。夏は高温多湿で菌が繁殖しやすい環境となるため、カラコンをつけている大人女子は、目の感染症にも気をつけなければなりません。
夏の目のトラブルを防ぐためにも、高温多湿時は普段以上にカラコンケアを入念に行う必要があります。



◎夏場のカラコントラブル

カラコンは、熱や直射日光に弱いメガネと比べて、熱に強い素材でできていますが、商品によって耐えられる温度は変わるので、特に夏場においては直射日光のあたらない場所に保管することが大切です。
炎天下な場所に長時間置いておくと、カラコンだけでなく、カラコンのレンズを保護する「保存液」にも変異や悪影響を及ぼす可能性があります。特に夏場は気温が高くなりがちな場所や部屋に置いておくと、菌が発生しやすくなるため注意しなければなりません。
 
日本コンタクトレンズ学会誌によると、実際に角膜炎を引き起こす原因といわれている緑膿菌、セラチア菌を4℃、25℃、35℃の各条件下の元で1日培養した実験を行ったところ、4℃ではほとんど増殖せずに、25℃では130~250倍、35℃だと4,000~40,000倍まで増殖したという報告があります。
この実験でも分かる通り、気温が高くなるにつれて菌が増殖するため、夏場は特に眼病を引き起こすリスクが高まると言われています。
(『日本コンタクトレンズ学会誌』55巻14-22,2013.)
 
温度が高くなると、保存液の変異だけでなく、カラコンを保管しているレンズケースにおいても菌が増殖する恐れがあります。
例えばカビや菌は、主にプラスチックに付着しやすいとされています。そのためレンズケースのケア方法を間違えたり、洗浄後にきちんと乾燥させなければ、菌を増殖させる要因となります。
 
このように夏は、カビや菌が増殖しやすい環境であることがわかります。
健康な目を守るためにも、夏場は特に、今まで以上に丁寧なカラコンケアを行うようにしましょう♪
 
高温多湿の夏!知っておきたい正しいカラコンケア
◎夏の正しいカラコンケア
目のトラブルを予防するためにも、正しいカラコンケア・保管方法を知っておきましょう♪

まず、カラコンのパッケージに記載されている保管方法の注意書きには「直射日光を避けて保管」と書かれています。
そのため直射日光を避け冷蔵庫にカラコンを保管する人もいますが、カラコンは冷蔵庫で保管する必要はありません。カラコンは常温保存が適しているため、15~25度が保たれている場所であれば特に問題ないとされています。
ただし夏場は、室内でも急に温度が上昇することがあるので、冷房が効いた部屋や1日を通じて直射日光が当たらない涼しい場所での保管をおすすめします。

また、使い捨てタイプのワンデータイプのカラコンを使用している人は、使用期限をしっかり確認しておきましょう。長年大量にストックをすると期限内に使い切ることが難しいため、夏場に限らずこまめにチェックしておくことをおすすめします。

2ウィークやマンスリーの連続装用のカラコンを使用している大人女子は、カラコンケアが必須になります。カラコンのケアを怠ると、「装用感が悪い」「レンズが見えづらい」だけでなく、目の病気などトラブルにつながる恐れがあるので、念入りなカラコンケアが必要です。



◯カラコンレンズのケア方法

ワンデータイプの1日使い捨てタイプであれば、ケアの必要はありませんが、2ウィークやマンスリータイプの場合は毎日のケアがとても大切です。
 
カラコンのケアには、「MPS(マルチパーパスソリューション)」と「過酸化水素」の2種類の方法があります。
主流の「MPS」は、カラコンのケアに必要な「洗浄・すすぎ・消毒・保存」の過程を1本でまとめて行えるため、カラコン初心者さんでも簡単にお手入れすることができます。
しかし、使用方法を間違えると菌が発生する恐れもあるため、正しい知識を知っておく必要があります。

もうひとつの「過酸化水素」は、消毒効果が高い洗浄液です。
ケア方法としては、消毒中に発生する泡の力で汚れを落として、専用のケースに過酸化水素を入れて6時間以上置いておきます。
ですが、過酸化水素は消毒効果が高いため、カラコンによっては着色が溶けて剥げるタイプもあります。過酸化水素でお手入れをする場合は、いつも使っているカラコンが問題なく使用できるか確認しましょう。
 
次に、カラコン初心者さんにも簡単にできるMPSを使ったカラコンのケア方法をご紹介します。参考にしてみてくださいね♪


1 石鹸やハンドソープで手をキレイに洗う
カラコンに触れる前は、必ず手を石鹸でキレイに洗ってください。手に菌がついている状態でレンズに触れると、レンズに菌が移ってしまう可能性があります。特に爪が長いとレンズを傷つける可能性もあるため、カラコンを洗う場合は短く爪を切っておくようにしましょう。
 
2 優しく丁寧にこすり洗いをする
手をキレイに洗ったあとは、目から外したレンズを手にのせて、MPSをたっぷりと注ぎます。この際に指の爪が当たらないように人差し指の腹を使って丁寧にこすり洗いをすることを意識しましょう。またスポンジや綿棒で代用して擦ってしまうと、レンズに傷がつく恐れがあるため、必ず指を使って優しく20~30秒程度擦るようにしてください。MPSが少ないとレンズに傷が付きやすくなるので、たっぷりMPSを使ってこすり洗いするのがポイントです。
 
3 新しいMPSですすぐ
レンズの汚れをしっかり落としたら、新しいMPSで丁寧にすすぎ洗いをしましょう。
 
 
4 レンズケースにMPSとレンズを入れて保管
レンズに汚れや傷がついていないか確認したら、レンズケースにMPSと洗浄し終わったレンズを入れて約4時間以上置いておきます。MPSの種類によっては、置いておく時間が異なるため、時間を確認するようにしましょう。
 
高温多湿の夏!知っておきたい正しいカラコンケア
◎レンズケースのケア方法
カラコンレンズのケア方法だけでなく、レンズケースも一緒に洗浄するとさらに菌の発生を抑えることができます。
見た目がキレイなレンズケースでも、ネジやパッキンなどの部分に汚れが付きやすく、最も菌が発生しやすい場所とされているので、レンズケースをいつもより入念にケアして清潔な状態を保つようにしましょう。

 
1 レンズを取り出してケースを洗う
カラコンのレンズを取り出し、ケースに残った保存液を捨ててMPSでしっかりと洗います。
水道水で洗う人もいますが、水道水には消毒効果がありません。ケースの内側だけでなく、汚れが溜まりやすい蓋と本体のかみ合わせ部分にも、MPSを使用して入念に洗うようにしましょう。
また使用した保存液には、雑菌などの汚れが付着しているため必ず使い回さずに捨ててください。
 
2 しっかりと乾燥させる
しっかりと洗ったあとは、内側に細菌が入らないように伏せて自然乾燥します。
布で拭いてしまうと、布自体に菌が付着している可能性があるため、必ず自然乾燥させることがポイントです。
 
レンズケースは大体1~3カ月を目安に新しいものに交換しましょう。
夏場であれば、1カ月おきに新しいものに交換すると安心です。菌の増殖の原因のひとつは「水分」です。古い保存液はそのままにせずしっかりと乾燥させて、レンズとともにケースも清潔な状態を保つようにしましょう。
 
高温多湿の夏!知っておきたい正しいカラコンケア
◎格安通販「Etoe」 おすすめカラコンをご紹介
夏に行うカラコンの保管方法やレンズケースのケアをご紹介しましたが、子育てや仕事が忙しい大人女子にとって日々のカラコンケアは、負担を感じることもあるかもしれません。
そこで夏だけでもおすすめしたいのが、使い捨てができる「ワンデータイプ」のカラコン!

ワンデータイプのカラコンであれば、レンズケースが不要なのでカラコンのケアをする必要がありません。常に新しいものを開封して使用するため、レンズの汚れなどによる目の病気のリスクを抑えることができます。「カラコンの洗浄が手間」「衛生面が心配」「カラコンケアが大変」という大人女子は、夏だけでもワンデータイプのカラコンをおすすめします◎
 
Etoeのカラコンは、ワンデータイプのカラコンなので常に新しいものをつけられます。カラコンケアの必要もないので、衛生面においても安心です♪
Etoeのカラコンは2種類の潤い成分を保存液に配合しているので、つけた瞬間から快適なつけ心地を実感できます。Etoeは、裸眼の美しさを生かしたデザインを採用しているため、「カラコンは10代や20代の若い女の子向け…」と年齢的に抵抗がある大人女子でもつけやすい上品なカラコンを取り揃えています。「ナチュラルながら印象的な目元に仕上げたい」と願う、大人女子にこそおすすめのカラコンなんです♪


カラコン初心者さんやカラーでなやんでいるときは、Etoeの全4色を試せる「全色お試しセット」がおすすめです!日本人の瞳に馴染みやすいナチュラルなブラウンベースで作られているEtoeのカラコンは、シーンや年齢を問わずに魅力的な目元へと仕上げてくれます。
公式通販の限定価格で、それぞれ2枚入り×4箱で1,430円(税込)の格安で試すことができるのも人気のポイント!
Etoeのカラコンは、UVカット機能付きなのでアウトドアやレジャーをする機会が増える夏にもピッタリです。度あり・度なしの両方を取り揃えているので、メガネ女子はスペアとして持っていると安心ですよ♪



◎格安通販「Etoe」で購入されたお客様からのご感想


◯東京都 30代 女性

自然な仕上がりで仕事でも使えるカラコンを探していると、Etoeのカラコンを見つけました。大きさもカラーも上品で、カラコンをつけている感じもなくて快適です。
今回はEtoeナチュラルを購入しましたが、他の色味も是非試してみたいです。


◯埼玉県 40代 女性

20代のころと比べると年を重ねるにつれて目の大きさが小さく見えて、さりげなく目力がアップできるカラコンを探していました。年齢的にカラコンをつけることに迷いましたが、口コミやインスタでのEtoeのレビューが気になり購入しました。
購入したカラーは「Etoe Natural(エトエ ナチュラル)」。瞳にも馴染みやすいダークブラウンカラーが、裸眼のようなナチュラルな仕上がりと、程よく目も大きく見せてくれるので気に入っています。メイクやファッションにも浮くことなくつけられるので、長く愛用できそうです。

 
◯神奈川県 30代 女性
今までカラコンを使用したことがなくて、「大人なのにカラコンはハードルが高い…」と諦めていました。しかしEtoeに出会って、発色のキレイさに一目惚れ!カラコンの悩みもなくなりました♪
ワンデータイプでケアも必要ないので、カラコンを気軽に楽しめそうです。これからもEtoeのカラコンをリピートしたいと思います。
 
◎まとめ
夏場は紫外線や乾燥対策だけでなく、カラコン女子にとっては、カラコンケアも意識しなくてはいけません。カラコンのケアを怠ると、違和感のあるつけ心地だけでなく目のトラブルを引き起こす可能性も高くなります。
今回ご紹介したカラコンのケア方法を知っておくことで、夏場でも楽しくカラコンを楽しむことができます。

基本的な保管方法やケア方法は変わりませんが、特に夏場はいつも以上にケアを注意しながら丁寧に洗浄することを心がけましょう。

格安通販「Etoe」は、衛生面でも安心して使えるワンデータイプ・2ウィーク・UVカット・保存液に美容成分配合など瞳の安全に配慮したカラコンを販売しています。
ぜひEtoeのカラコンでお気に入りを見つけてカラコンライフを楽しんでくださいね♪
 
Share
Facebook
Twitter
Line